ユーザー目線でのサイト作り

いざサイト作りやブログ作りを始めるにあたって、初心者の場合はサイト制作をする事に精一杯だと思います。しかしサイトやブログをいくつか作るようになってくると、記事を入れるだけという状況にはすぐに持っていく事ができると思います。

そして、最初は自分がテーマに沿って自分が言いたい事やネットや本から情報を集めて記事にしたりしますよね。それはそれでOKだと思います。私もそのような方法を取っています。

しかし本来サイトの価値というのは、検索キーワードを入力した事からユーザーが目的の情報にいち早くたどり着くというのが本当に良いサイトだと思います。

良いサイトにアフィリエイトリンクが張られていると必然的に商品を買いたくなります。しかし内容のないアフィリエイトサイトからは商品を購入しようとは思いません。

何故なら信用がないからです。内容のあるサイトはユーザーからしても「この人が紹介しているなら間違いない」という風になりやすいという事です。内容のないサイトからのアフィリエイトリンクは信用できずクリック率にも大きく影響する事でしょう。

なので検索ワードからユーザーは何を求めているのか?「プラスしてこんな情報もありますよ」と言えるぐらいの完全ユーザー目線でのサイト作りが大切だと思います。

確かにアフィリエイトサイトを量産していると一つ一つのサイトの質というのは低下してしまいますが、考え方として「完全ユーザー目線」というのを忘れずに。

2012年12月6日

このページの先頭へ